Baseball Garage ~久保田スラッガー取扱店 グラブ型付け、本格縫いP 岡山市フジモトスポーツ~

fujimotosp.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 11月 24日 ( 1 )


2008年 11月 24日

プロストレイン井口型への縫いP

日中は結構暖かかったですけど、
やっぱ夜は寒いですねぇ~。おこたで丸まりたい・・・気分です(笑


さて、
シーズンオフになってしまいましたが、修理や加工で忙しくさせて頂いていて、
実にありがたく思っている今日この頃でございます。

今日は、このブログでも何度も登場しているアシックス【asics】の樹脂底トップモデル
プロストレイン井口型への本格手縫いP皮加工をご紹介させて頂きますね。
もし宜しければ参考にして下さい。

c0148522_21281778.jpg

形は、シューズつま先から親指付け根辺りまでの【野手用小】
当店でもよく加工している大きさです。コバ金はロングタイプを取り付けています。

c0148522_0113691.jpg

シューズサイドから見るとこのような感じになります。

少し話はそれますが、
このシューズは、画像のように内側だけが高くなっているバラスコントロールトップ構造。
プロストレイン井口型の最も特徴的な部分です。

シューズカット部分の内側だけを高くする事により、内反時の足首をサポート。
怪我の防止につながると共に、横移動へのブレを抑えるという構造です。

また、画像では解りませんが、
シューズ内での足のブレを防ぐフィッティングベルトが、シューズ内部に装着されています。

c0148522_027197.jpg

縫いP加工部分のUP画像です。
アッパーが黒なので少し見えにくいですが、本格縫いPをご検討中であれば、
大きさなどの参考にして下さい。

by baseballgarage | 2008-11-24 00:30 | スパイク本格縫いP皮加工