2010年 06月 10日

バット談義

最近、ご来店して下さるお客さまと、
よくバットについて話をします。

タイトルどおり【バット談義】がしょっちゅう店内で・・・(笑

勿論、グラブやシューズのお話もするんですが、
バットについても色々とお話をすることも増えてきました。
主に木製バットについてですけどね(笑

これは私にとって非常にうれしいことです。
興味を持って下さっているお客さまが多くいるというコトなので。


木のバットを探しにくるお客さまとお話をするとき、
よく私は「宝探しと一緒ですよ」と言います。

木のバットというのは、
金属製のバットと違いグリップやバットの形状が様々です。
そして重さも1本1本異なります。


例えば、マルッチで人気のAP5というモデルがあります。

このモデルでだけ考えても、
バット先端ヘッドのくりぬきが有、無し。

グラム数も様々ですが、基本的には850g平均から890g平均。
10g単位で販売を行なっています。

そして長さが、84cm~86cmの3種類・・・

このAP5 1モデルだけでも、30種類のバットが存在する訳です。



さらに各モデル、そしてブランドとなると・・・

お客さまは、とんでもない数の中から、
自分にあった理想の1本を捜し求めている訳ですね。
まさに「宝探し」ではないでしょうか?


この辺りも木製の魅力だと、
お客さまから良く言われます。


確かに、その通りかも知れませんね(笑

自分がコレだ!と思って使っていたバットでも、
ホントはもっと理想的な1本があるかも知れませんし・・・
案外見落としていたコトもあるかも知れません・・・


こんなコトをあれやこれや、
お店でお話できたら・・・と思います(笑

by baseballgarage | 2010-06-10 22:05 | 店長の日常


<< 6月14日(月)閉店時間のお知らせ      スラッガー限定Tシャツ 【Lサ... >>